弊社では、福利厚生制度の一環として、社員が安心して長く働ける環境を整えるため、2019年8月31日より、GLTD(団体長期障害所得補償保険)を導入しました。

GLTD(団体長期障害所得補償保険)とは、従業員の皆様が病気やケガで長期間仕事ができない場合に、最長60歳の誕生日まで、収入の一部を補償する制度です。

保険料は会社で負担し、補償の対象者は社会保険の対象となる従業員です。

病気やケガなどにより働くことができない場合に、保険や年金の補償範囲外である収入の一部を保障することにより社員の生活面のサポートを続けます。

 

【GLTDイメージ図】

GLTDイメージ図

 

【制度概要】

  • 傷病により長期間働けなくなった場合、月額報酬の20%が補償されます。
  • 弊社退職後も最長60歳まで長期にわたる補償があります。
  • 保険料は会社負担です。
  • 割安な保険料を任意で拠出することで補償額を増額できます。(自己負担)
  • 業務中、業務外・国内外を問わず、あんしんの24時間補償です。
  • 精神障害も最長2年間補償されます。
  • 受け取れる保険金は全額非課税です。